Sdesign

  • 販売店を探す
  • メール

液体フィルムスプレー

液体フィルムスプレー

使い方

How to

  1. 1

    下地処理

    コツ:脱脂にはパーツクリーナーを用いると効果的

    塗装する前に、塗料が飛んでしまうと困る場所に、マスキングや養生を施してください。次に、塗装したい部分をキレイな布等で、ゴミ、油分、ワックス等を除去してください。

  2. 2

    1回目塗装

    コツ:1回目は少し色がつく程度に塗る

    1度目の塗装は薄くムラなく塗装してください。 (この段階で仕上がりが変わりますので絶対に厚塗りしないでください。タレの原因になります。)《注意》アルミホイールに塗装する場合、ナットホールには塗料が入らない様にしてください。ナットが緩む原因となります。

  3. 3

    重ね塗り

    コツ:マスキングは乾燥前にはがすと、境界がちぎれません!

    1度目の塗装が乾燥後2度目の塗装に入ります。2回目から厚く塗装してください。乾くとゴムになり同化しますので、数回重ねて塗装してください。塗る回数によって被膜の厚みが異なります。厚塗りすると剥がす時に剥がしやすくなります。

  4. 4

    乾燥

    約4時間で完全乾燥となります。(季節や天候によって異なります)乾燥後はきれいに剥がせます。 (剥がす際に細かく残ってしまった部分はパーツクリーナー等で 除去してください)

再利用時の
コツ

新品のスプレーを使用するときにも使えるコツです!

  1. カンを温める

    1.ぬるま湯に浸して
    缶を温める

    気温が低い時、使いかけを再使用するときはスプレー缶をぬるま湯に浸して温めると、ガス圧が安定して、塗装面にダマが発生しにくくなります。また、噴射力が安定するので、ストレスフリーに作業を進めることができます。

  2. 噴射口の掃除

    2.噴射口の
    クリーニング

    噴射口が、画像のように汚れたまま、塗装をすると、思わぬ方向に塗料が飛び、衣服や周りを汚す原因となります。汚れていた場合は、爪楊枝などを使用して塗料を取り除き、キレイな状態で作業を始めましょう。

  3. 缶を振る

    3.缶をよく振る

    塗料の性質上、缶の中で沈殿しやすくなっています。使用する前に、缶を20秒以上よく振り、噴射してください。また、吹付けのたびによく振ることで、よりキレイに発色します。

  4. 缶を逆さまにして空吹き

    4.逆さまにして
    空吹き

    塗料があまったら、次回にまた気持よく使えるよう、逆さまにして2秒ほど空吹きし、ノズル内にたまった塗料を外に出して、ノズルを拭き取り、しっかりキャップをして保管しましょう。

  5. 直射日光を避けて保管

    5.直射日光を
    避けて保管

    どのスプレーにも言えることですが、高圧ガスを使用した製品なので、直射日光の当たらない、湿気の少ない、お子様の手の届かない場所に保管してください。

よくあるご質問

FAQ

商品関連動画

Movie

キズ、汚れ予防編
キズ、汚れ予防編
水性400ml クルマ編
水性400ml
クルマ編
塗り回数による濃度比較編
塗り回数による
濃度比較編
ナンバープレート塗装編
ナンバープレート
塗装編
賃貸のキッチンをリフォーム編
賃貸のキッチンを
リフォーム編
WBS「トレたま」編
WBS「トレたま」編
バイクテールレンズ編
バイク
テールレンズ編
テールレンズ編
テールレンズ編

ブログ

Blog

ブログ一覧を見る

商品詳細

Line up

液体フィルム スプレー 水性 400ml

日本製

開発中のため、パッケージデザインは若干の変更がある場合があります。あらかじめご了承ください。

販売価格
¥3,680(税別)
品名
液体フィルム スプレー 水性 400ml
内容量
400ml
成分
  • 合成樹脂
  • 顔料
  • 有機溶剤
乾燥時間
  • 【夏期】30分~1時間
  • 【冬期】1時間~2時間/完全乾燥
    4時間以上
使用可能素材
鉄やアルミなどの金属、ガラス、プラスチックなどの樹脂部品に塗装可能です。素材との相性があるため、必ず目立たない部分でテストをして問題ないことを確認のうえ、全体にご使用ください。
使用不可素材
紙、布や木材等の染みこんでしまう素材への塗装は適しません。
塗布可能面積
1.0~1.2㎡(3回塗り) ※塗り方により面積は異なります。
耐熱温度
通常の使用環境で-35~100℃
耐久日数
~365日 ※あくまで目安です。塗膜の厚み、保管場所や使用環境によって異なります。