Sdesign

  • 販売店を探す
  • メール

液体保護スライド

液体保護スプレーの特徴

Point

人体に有害な 「フッ素、シリコーン」無配合!

防水スプレーのほとんどが、吸い込むと有害な「フッ素」や施工面が油っぽくなる「シリコーン」を配合しています。
「液体保護スプレー」は、上記にあげた成分を一切配合していないので、車内でも安心してお使いいただけます。

特徴を動画で見る

動画を表示

嫌なニオイがしない! 素材を痛めない水性タイプ

石油系溶剤を使用せず、水とアルコールを用いているので、独特なシンナーの臭いはしません。また、素材を傷めてしまうこともないので安心してお使いいただけます。

特徴を動画で見る

動画を表示

重ね塗りOK! 効果が高まり撥水が長持ち!

一般的な防水スプレーは重ね塗りすると、撥水している部分と撥水していない部分に差ができ、シミになります。液体保護スプレーは「浸透」にこだわり重ね塗りを可能にしました。また、撥水加工されているものの上にも使用可能で、撥水効果を復活させる事も可能です。

特徴を動画で見る

動画を表示

こんなところに使えます
  • 布シート

    布シート

  • フロア

    フロア

  • ラゲッジスペース

    ラゲッジスペース

  • オープンカーのキャンバストップ

    オープンカーのキャンバストップ

  • ★

    ★★★★★★★★★★★★★★

  • ★

    ★★★★★★★★★★★★★★

  • ★

    ★★★★★★★★★★★★★★

  • ★

    ★★★★★★★★★★★★★★

使い方

How to

  1. 下地処理

    1.下地処理

    塗布したい部分の汚れを硬く絞ったタオルやブラシなどで落とし、よく乾燥させてください。

  2. 塗装

    2.塗装

    缶を10回ほどよく振り、施工したいものから20cmほど離し、全体にまんべんなく、しっとり染みこむまでスプレーします。

  3. 乾燥

    3.乾燥

    1~4時間以上完全に乾燥させます。この間、水分が付着しないよう十分注意してください。(使用環境と素材により乾燥時間は異なります)

    ※より効果を得るためには、塗布と乾燥を複数回繰り返すことをオススメします。

    ※塗り重ねで効果は高まりますが、あくまで撥水剤なので、完全防水はできません。

よくあるご質問

FAQ

商品関連動画

Movie

ダイニングチェア編
ダイニング
チェア編
日傘編
日傘編
ガーデニング編
ガーデニング編
コート編
コート編
スーツ編
スーツ編
スキーウェア編
スキーウェア編
スニーカー編
スニーカー編
デニム編
デニム編
クルマのシート編
クルマのシート編
実演販売士紹介編【自動車】
実演販売士
紹介編【自動車】
実演販売士紹介編【DIY】
実演販売士
紹介編【DIY】

ブログ

Blog

ブログ一覧を見る

商品詳細

Line up

液体保護スプレー 布シート&フロア用

日本製

販売価格
¥1,980
品名
液体保護スプレー 布シート&フロア用
内容量
300ml
成分
  • ケイ素化合物
  • エタノール
特徴
  • ●クルマの布シートなどのインテリアに、シューッとスプレーして乾かすだけで、施工物本来の風合いを落とさず、手軽に撥水、防汚効果をプラスできます。
  • ●国内初の水性エアゾールタイプなので、イヤなニオイがせずクルマのインテリアにも安心して使用可能!しかもノンフッ素!
  • ●水はけが良いので、カビの繁殖を抑え、お掃除の手間を省けます。
  • ●ジュース、食べこぼしだってなんのその!コーティング効果が手軽に手に入ります。
施工可能素材
シート、フロアなどのインテリア、オープンカーの幌、その他染みこむ素材(綿,ポリエステル,ナイロン,布製品など)※素材の状態によっては効果が十分に得られない場合がございます。目立たない部分で予めテストして、問題ない事を確認し全体にご使用ください。
施工に
適さない素材
あらかじめ撥水処理が施されたナイロンやビニール,ドライ素材,エナメル,シルクなどの色落ち,シミになりやすいもの,レザー,合革,革製品,シリコンやゴムなどの弾力があるもの,ニスや塗装が施された木材,その他染み込まない素材(樹脂部分や素材に一度に多量に付着するとシミになる可能性がございます。付着した際は速やかに拭きとってください)
使用方法
①塗布したい部分の汚れを硬く絞ったタオルやブラシなどで落とし、よく乾燥させてください。 ②缶を10回ほどよく振り、施工したいものから20cmほど離し、全体にまんべんなく、しっとり染みこむまでスプレーします。 ③1~4時間完全に乾燥させます。この間、水分が付着しないよう十分注意してください。(使用環境と素材により乾燥時間は異なります) ※より効果を得るためには、塗布と乾燥を複数回繰り返すことをオススメします。※塗り重ねで効果は高まりますが、撥水剤なので、完全防水はできません。